夢を現実にした、彼女はえらい!

先日小学校の時のクラス会があり、
久しぶりにクラスメイトが集まりました。

だいたいいつも集まる顔ぶれは同じなのですが、
中には前回欠席だった子たちもチラホラ。

その中で実家が近所のMちゃんとたまたま隣同士になり、
「懐かしいねぇ。会うの何年ぶりかな」なんて言いながら、
お互い近況報告をしました。

その後いろんな話をしていくうちに、
お互い子どもの頃になりたかった職業の話になり・・・。

そう言えばMちゃん、卒業文集に
「看護士になりたい」って書いていたような。

それを本人に訊いてみたら、
「そういえばそうだったね。わたし子どもが好きだったから、
小児科の看護師になりたかったんだよね~」
とのこと。

ちなみにわたしは猫や犬が好きだったから、
確か「トリマー」って書いたんですけど。
もちろんトリマーになることもなく、
普通のOLしてるわたしですが、
彼女はちゃんと看護士になったそうです。

えらい!

でもお医者さんである旦那様が
医師の転職で地方へ
行くことになり、彼女は看護士の仕事を辞めて
彼に付いて行ったんだとか。

ちなみに彼女、今は自宅近くのクリニックで
パートタイムの看護士として働いてるそうです。

子どもの頃の夢を実現させた彼女と、
いつのまにか就職して普通に働いてるわたしでは、
なんだかすごく差があるなぁ。ま、

今の仕事もそれなりに楽しいから満足してるけど、
ずっとなりたかった職業に就いてる彼女は
なんだかすごくキラキラしてる気がします。

どうする、友達!?

友達が最近付き合い始めた彼は、なんと看護士さん。

今は男性の看護士さんも珍しくなくなって、
彼の勤める病院にも何人か男性看護士さんがいるそうです。

ちなみに友達は会社で事務を担当しているいわゆるOLさん。
だから医療に携わる彼をとても尊敬しているのだとか。

とは言え職業柄彼は毎日かなり忙しいらしく、
なかなか会えないのが悩み。

それに看護師転職で神奈川へ引っ越してしまうかも
しれないらしく、「そうしたらますます会えなくなっちゃう」と
友達は悲しんでいます。

もちろん彼女的には彼の仕事を応援したいし、
彼にも頑張ってもらいたいのですが、
「なるべく会いたい」と思うのも乙女心☆
特に付き合い始めの頃は、強く思うものです。

わたしも彼女の気持ちが分かるので、
「神奈川へ付いて行っちゃいなよ」なんて
無責任なことも言えないし・・・。

とは言え知り合いの一人が
以前同じシチュエーションで、
ちなみに彼女の場合は彼が医師転職(消化器内科)で
北海道に転職することになったそうですが、
彼を追いかけていって見事に結婚しました。

そんな前例もあるので、友達にはその恋が実るよう
積極的に行動してほしいとも思ったり・・・。

わたしはまだその看護士の彼に会ったことがないので
なんとも言えないのですが、彼女の気持ちを
ないがしろにするような人ではないと信じています。

とりあえず彼がどう思っているのか、
それを確かめてみないと・・・。